加古1






1: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:14:37.88 ID:6PiUyZQe0
とある鎮守府 加古の部屋 四月一日 午前十一時 


卯月「う~っ、ぴょん!」ドスンッ

加古「グフォッ」


卯月「かっこぉ~!起きるぴょん!卯月と遊んで欲しいぴょん!」

加古「いきなり布団の上に飛びかかる奴がいるか?それにまだ朝早いしぃ…」

卯月「もうとっくにお昼回ってるぴょん。いつまでも布団かぶってないでさっさと出るぴょん!」

加古「んん?いや、まだ十一時じゃん。」

卯月「時計が狂ってるんです!早く着ないと出撃に遅れるって古鷹さんが言ってるぴょん」

加古「さっき遊んで欲しいって言ってたじゃん。それに今日あたしは一日休暇だし」


卯月「ぷっぷくぷぅ~。釣れないぴょん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459484077

2: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:24:23.76 ID:6PiUyZQe0
全国793人のかこうづを愛してやまない提督の皆さんこんにちは

もうお昼になってしまいましたが、加古卯月のエイプリルフールにちなんだ短編を投下したいと思います。

えっちいのもシリアスなのもないです


前に書いたの 
【艦これ】古鷹と添い寝したい!

清霜「戦艦になりたい!」古鷹「重巡洋艦の方が良いと思います!」

3: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:26:28.09 ID:6PiUyZQe0
加古「卯月はいつも嘘ついてばっかだからなぁ。嘘ばっか付いてると提督に怒られるぞ」

卯月「でも今日は嘘ついて良い日だぴょん」

加古「あぁ、今日はエイプリルフールか。それで、卯月はどんな嘘を?」

卯月「嘘ついてと言われえ素直に嘘言う馬鹿はいないぴょん」


加古「そう。じゃあ帰った帰った」


卯月「あぁ待って欲しいぴょん。今日は四月最初の日、つまり卯月の日だぴょん。だから誰も卯月の命令に逆らっちゃ駄目…」

加古「それは嘘」


卯月「う~ちゃん、ただ遊びに来たんじゃなくて実は重大な使命を帯びてここに」

加古「そんなものはない」


卯月「うさぎは寂しいと死んじゃうんだぴょ~ん。びえ~ん」

加古「卯月は人っていうか艦娘だろ?」

5: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:29:07.00 ID:6PiUyZQe0
卯月「なんでどれにも引っかからないんだぴょん」

加古「それに引っかかる人間がこの世にいるって事のほうが嘘だと信じたいね」

卯月「つまらないぴょん」


加古「ところで卯月、さっきから嘘ばっか言ってるが知ってるか?エイプリルフールに嘘ついていいのは午後からなんだ」

卯月「え……そんなの知らないぴょん」

加古「ほんとほんと。皆、朝一番から嘘付いてると連携取れなくなっちまうだろ。大掛かりな嘘を楽しむためにも、午前中は準備期間として嘘をついたら駄目なんだ」

卯月「そうだったのかぴょん…じゃあ出直すぴょん…」

加古「はいはい。また後でね」

------

6: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:31:13.50 ID:6PiUyZQe0
卯月「だ~ま~さ~れ~た~ぴょ~んっ!」

加古「もう気づいたか」


卯月「もっち~に訳を話して遊ぼうって言ったら、それが嘘だって言われたぴょん。三日月も嘘って言ってたから間違いないぴょん」

加古「望月あたしを売りやがったな…でもだからといってあたしは一緒に遊んであげないよ」

卯月「う゛ぅ゛~、加古なんて大嫌いだぴょん。もう知らないぴょん。出てっても後を追わないで欲しいぴょん」

加古「そりゃ残念。他の相手を探すんだね。」

卯月「ぷっぷくぷぅ~」テクテク

8: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:37:07.36 ID:6PiUyZQe0
卯月「……」


卯月「……」|ω・`)チラッ


加古「あれ出てかないのかい?」


卯月「……」|)≡ヒョコッ


卯月「……」|ω・`)チラッ?

.
加古「今度は出てくってのが嘘なのかい?」


卯月「……それも嘘ぴょん」


加古「他には?」


卯月「加古が大嫌いってのも……」


加古「本当は?」


卯月「……大好きぴょん」


加古「仕方ないな。あたしも卯月が大好きだよ。だから一緒に遊ぼうか」

卯月「いやったぴょ~ん!」

加古「こうして喋ってる間にすっかり目が覚めちゃったしね」


10: ◆k33ehZQ6Rc 2016/04/01(金) 13:44:32.67 ID:6PiUyZQe0
卯月「あ!もしかして今のが嘘って!」

加古「遊んでやるのはほんとだよ。時間見てごらん」


卯月「ヒトフタマルマル……大好きってのがホントかウソかこれじゃあ分からないぴょん」

加古「そこはご想像にお任せだね。」

卯月「加古の意地悪ぅ~」


加古「はいはい。よし、何して遊ぶか」

卯月「じゃあ、かごめかごめするぴょん!」

加古「それ二人じゃ出来ないから」


卯月「じゃあだるまさんがころんだ…卯月が鬼で加古は部屋から出てくるぴょん」

加古「ほいほい。それでいいよ」


卯月「じゃあ始めるぴょん!だ~るまさんがこ~ろんだ!」

加古「いよっ」

卯月「だ~るまさんがこ~ろんだ!」

加古「ほっ」

卯月「だ~るまさんが……」

------
---
-

おわり

・過去作
青葉「古鷹さんの生肌が恋しい……」
青葉「最近、衣笠が冷たい」
古鷹と添い寝したい!
清霜「戦艦になりたい!」古鷹「重巡洋艦の方が良いと思います!」

・次作
マジカルジュウジュン古鷹ちゃん

引用元: 【艦これ】加古「四月の馬鹿」



艦これプレイ漫画 艦々日和(6)艦これプレイ漫画 艦々日和(6)
水本正

KADOKAWA/エンターブレイン 2016-08-05
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る by AZlink