村雨1





1: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:08:00.42 ID:IOjA6lB40
・5作目です。

今までの
【艦これ】伊168「耳掃除してあげる」
http://aobatushin-kankore.doorblog.jp/archives/50070628.html

【艦これ】摩耶「耳かきしてやんよ」
 http://aobatushin-kankore.doorblog.jp/archives/50098607.html

【艦これ】神通「耳掃除しましょうか?」
 http://aobatushin-kankore.doorblog.jp/archives/50137108.html

【艦これ】蒼龍「耳掃除します?」
 http://aobatushin-kankore.doorblog.jp/archives/50141585.html

注:今回はめちゃくちゃ短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473419280

2: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:09:25.35 ID:IOjA6lB40
―――提督のお部屋

提督(どこから話したものか……俺は今――)

村雨「ふふふ。提督……村雨の膝枕、どうかしら?」ナデナデ

提督(村雨に膝枕されている)

提督「あ、ああ。柔らかくて気持ちいいよ」

村雨「そう? いい感じいい感じ♪ ねえ、他には?」

提督「へ?」

村雨「他にはないの? 感想」

提督「そ、そうだな。スベスベの肌が気持ちいいよ」

村雨「ふ~ん。他には?」ナデナデ

提督「そ、そうだなぁ……。む、村雨のいい香りがする……?」

村雨「そうなの? ねぇねぇ。村雨の香りって、どんな香り?」

提督「え? それはちょっと、言い表しにくいかな……。それに、なんか変 態っぽいし」

村雨「え~。教えてくれたっていいじゃない」

提督「あと、恥ずかしいし……」

村雨「……へぇ。それなら」ゴソゴソ

サリサリサリ

提督「!?!??!?!!?」ゾクゾクゾクゾク

3: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:10:37.47 ID:IOjA6lB40
提督「む、村雨!?」ガバッ

村雨「はいは~い。おとなしくしててくださ~い」グイッポスン

村雨「答えてくれないと、村雨の耳かき攻撃が炸裂しちゃうから」つミミカキ

提督「な、なんでそんなものを……」

村雨「前々から思ってたの。提督に、耳かきしてあげたいって」カキカキ

サリッサリッサリッサリッ

提督「で、でも、俺も汚くないようにこまめに掃除してるから」ゾクゾクゾク

村雨「そうね。提督らしい、綺麗で可愛いお耳……。でも、耳かきって何も掃除のためだけのものじゃないでしょ……?」カリカリ

シュッシュッシュッシュッシュッシュ
サリサリサリッサリサリ

提督(む、村雨の耳かき捌き、すごい……。高速で耳介の表面をやさしく撫でていく……。絶対に傷付けないような繊細さで、耳に快楽だけを与えてくる……)ゾクゾクゾクゾク

村雨「どう? 気持ちいいでしょ?」カリカリ

ショッショッショリショリショリ
シュリッシュリッシュリ
サリサリサリサリ

4: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:12:01.34 ID:IOjA6lB40
提督「き、気持ちいい……」ゾクゾクゾクゾク

村雨「それじゃあ、早く教えて……村雨の香り……詳しく」カリカリカリカリ

シュリシュリシュリ
サリッサリサリサリサリ
クリックリクリクリクリ

提督(あ、あああああああ。み、耳穴をなぞるように、少し強めにカリカリされて、気持ちがいい。耳かきの通った軌道に、甘い稲妻が残ったような快感……体が、その稲妻に飼いならされていくようだ……)ゾクゾクゾクゾク

村雨「教えてくれないと……」ピタッ

提督「!?」

村雨「やめちゃったりして♪」

提督(だ、ダメだ……。身体が、快感を求めて止まない……。まるで体を薙がれている身体の電気信号全部が村雨に支配されたかのように、体から覇気が抜けていく……。耳かきの快感が欲しい……)

提督「わ、わかった! 言う、言うから……」

村雨「ん~?」

提督「村雨の香りは……その、まさに女の子の香りと言うか……そんな感じで……」

村雨「村雨、よくわかんな~い」カミノケクルクル

提督「だ、抱きしめて、ずっと嗅いでいたいというか、ずっとこうしていたいというか、そんな匂いなんだ……。う、うまく言えないけど……その……」

村雨「……ぷっ……ふふふ。提督、必死になっちゃって……そんなに村雨がいいんだ?」

5: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:13:52.39 ID:IOjA6lB40
提督「そ、そうだ。村雨以外、考えられない……」

村雨「そう。ならごほうびに、また気持ち良くしてあげる……。ほら提督……顔を上に向けて」

提督「? あ、ああ……」モゾモゾ

村雨「これで、今までとは反対の耳に手を伸ばして、カリカリするの♪ 私は提督の顔が見れるし、提督は私の香りが嗅げるし、一石二鳥でしょ?」カリカリカリ

カリカリカリカリ

提督(む、村雨が俺の顔を跨ぐように手を伸ばして、村雨とは反対側の耳をカリカリしている……。悪戯っぽい村雨の、かわいらしい笑顔が視界を埋め、鼻先を掠める村雨の腕と、地面に垂れた髪の毛からは甘い香りが立ち……そして、耳からは甘い快感……村雨に、包囲されている感覚……)ゾクゾクゾクゾク

村雨「提督……ゾクゾクしてる……。可愛い……♪」カリカリカリ

シュッシュッシュッシュリシュリシュリシュリ
サリッサリサリサリサリ

提督(だ、ダメだ……村雨の耳かき攻撃に、顔がデロンと溶けそうになる……。心臓の鼓動と一緒に……村雨の甘い快楽が全身を伝っていく……)ゾクゾクゾクゾク

村雨「どう……提督……? 村雨と、ずっとこうしていたくなった?」

提督「さ、さっきもそう言ったろ……」ゾクゾクゾク

村雨「それじゃあ、もっとそうなった?」カリカリカリカリ

ヒュリッヒュリヒュリヒュリヒュリ
サッサッサッササリサリ

提督(正直、村雨のような可愛い女の子にこんなことされて、嬉しくない筈がない……。でも、なんだか負けた気が)ゾクゾクゾクゾク

6: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:15:56.69 ID:IOjA6lB40
提督「そ、それにしてもどうしたんだよ。突然膝枕がしたいだなんて……」ゾクゾク

村雨「だって、提督ったら最近構ってくれないんだもの……。白露姉さんや夕立とはあんなにじゃれ合ってるのに」カリカリカリ

提督「そ、それはその……お、お前が魅力的過ぎるっていうか……女性として成長し始めてるから配慮しているだけで……」

村雨「うん。わかってる。村雨がちょっといい感じなのは、村雨が一番分かってるの。でも、それとこれとは話が違うでしょ?」カリカリカリ

サリサリサリサリサリ
スリッスリッスリッサリサリサリ
クルックルクルクルクル

村雨「村雨だって、提督ともっと遊びたいの。だけど、夕立のように甘えようとすると提督が逃げちゃうから……。だから、提督に甘えさせようって♪」カリカリカリ

カリカリカリカリカリ
クリックリクリクリクリ
ソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリソリ

提督「甘えさせるって……」ゾクゾク

村雨「ど~お? 村雨に、甘えてみたくない?」カリカリカリ

提督「そりゃ、甘えてみたいが……」

村雨「みたいが?」

提督「女の子にされるがままってのはなぁ……」

7: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:17:05.04 ID:IOjA6lB40
村雨「ふ~ん。それじゃあ……」ズイ

提督「む、村雨!?」

提督(む、村雨が、俺に覆いかぶさって……!?)ムニュウ

村雨「提督……村雨の事、嫌いなんだ?」ササヤキ

提督(膝枕されたまま、村雨のむ、胸に押しつぶされて……!? 村雨が、今まで耳かきしてた方の耳へ囁いてきた!?)ゾクゾクゾク

ムニュウムニュ

提督「む、むわはへ……!?」

提督(か、顔全体が村雨の大きく実った胸に包まれて……。この真夏に、谷間で凝縮された村雨の香りが……!?)

村雨「それとも……好き?」ボソボソ

提督(顔全体を、ブラの少し硬い感覚が包む…。で、でも、鼻だけは胸の谷間に挟まれて……!?)ゾクゾクゾクゾク

村雨「私はね……好きよ……。好きよ、提督……」ボソボソ

村雨「食べちゃいたいくらい……♪」

提督(村雨の……柔らかい囁き声が、全身を駆け巡る……。逃げようとする囁きが、村雨に包まれた顔の中を乱反射して……!?)ゾクゾクゾクゾク

村雨「提督……このまま……村雨に溺れてみない……?」ボソボソ

8: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:18:03.86 ID:IOjA6lB40
提督(だ、だけど……)ゾクゾクゾク

提督「むー! むー!」ギブギブ

提督(息が苦しい!?)マッサオ

村雨「ふふふ。冗談」パッ

村雨「ごめんなさい。息苦しかった?」ナデナデ

提督「む、村雨……。ちょ、ちょっと洒落にならなかったぞ……」ゼェハァ

村雨「でも……村雨のこれ、その気になれば提督を溺れさせられるくらい、大きいってことなの……♪」ムニュ

提督(そういうと村雨は、わざとらしく自分の乳 房に手をやる。正直……堪らん)

村雨「提督、どう? 村雨に呑まれたいのなら……いつでも遊んであげるけど……?」

提督「お、おい……人聞きの悪い言い方をするなよ……」

村雨「そのかわり……おまけとして、村雨が一生、提督を可愛がってあげる……」ボソボソ

提督「」ゾクゾクゾクゾクゾク

村雨「どうかしら……♪」

提督「お、大人をからかうもんじゃないぞ……」

9: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:19:32.79 ID:IOjA6lB40
村雨「そんな子供に好き勝手されて……骨抜きにされちゃってたのは、どこの誰かしら?」

提督「それは……」

村雨「そんな悪い大人は……村雨の髪の毛で、お仕置きしちゃう♪」

提督「か、髪の毛……!?」

クシュクシュクシュクシュクシュクシュ
ショリショリショリショリショリ
シャリシャリシャリ

提督(む、村雨が、ツインテールの毛先で……耳を責めてきた……!? 筆のような柔らかい毛先が、人擦りで何度も何度も耳を撫でてくる……!?)ゾクゾクゾクゾク

村雨「ど~う? 提督? 村雨の髪の毛、いい香りがするでしょ? 気持ちいいでしょ?」

提督(最高級の筆で、くすぐり攻撃を受ける快感……!? ツインテールが可愛らしく揺れるたびに、女の子らしい甘い香りがふわりと漂ってくる!?)ゾワゾワゾワゾワ

村雨「ふふふ……♪ 提督、気持ちよさそう……。どうして提督って、こんなに可愛いのかしら……? それとも、村雨が提督に骨抜きにされただけ……なのかしら?」サリサリサリ

ショワショワショリショリショリィ
ッショウッショウッショウショワショワショワショリショリショリショリ

村雨「まあ、村雨としては……提督をこうしていじめていられれば、それでいいんだけど」ショリショリショリショリ

提督「ああ……気持ちいい。いい香りだ……」

村雨「そう? 村雨の事……好き?」

10: ◆W2Wa1JgiWbwL 2016/09/09(金) 20:20:37.41 ID:IOjA6lB40
提督「……ああ。好きだ……村雨……」

村雨「ふふふ……いい感じいい感じ……♪ それじゃあ最後に、提督の耳、マッサージしてあげる」

提督(そういうと村雨は、俺の首が落ちないように、スリスリと移動を始める。そして、俺の頭頂に腹を付けるような形に座りなおした)

クリックリックリックリ
グックッグックッグック

提督(ああああああああああ。村雨の細いスベスベの指で、耳全体を撫でられて……気持ちがいい……。マッサージチェアに座ったときの快感を、耳だけで味わって、そこに村雨の指の気持ちいい肌触りが加わったような……)

村雨「いつもお疲れ様……村雨のお膝で……たっくさんやすんでね……?」モミモミモミモミ

提督「ああ……村雨……」ゾクゾクゾク

村雨「それで起きたら……村雨の事、もっと好きになるの……♪」モミモミモミ

グッグッグッグッグ
スリスリスリスリスリスリ

提督(両耳の耳穴の周りを……村雨の綺麗な指先でなぞられて……。もうだめだ……睡魔が……)ゾクゾクゾクゾク

村雨「提督……好きよ……。大好き……♪」モミモミモミ

提督「む、むら……さ、め…………zzzzzzzzzzz」スピー

村雨「ふふふ。もっと、骨抜きにしてあげるんだから……」ナデナデ

おわり

引用元: 【艦これ】村雨「耳かきして欲しいでしょ?」



艦隊これくしょん -艦これ- SPMフィギュア 村雨改艦隊これくしょん -艦これ- SPMフィギュア 村雨改


セガ
売り上げランキング : 1162

Amazonで詳しく見る by AZlink