グラーフ7













休日の朝にグラーフと二人でコーヒーを飲みたいだけの人生だった