みっかにはいつまでも純白のパンツをはいていてもらいたい(切実)